青汁がまず言って本当?美味しく飲める方法はあるの?

青汁を飲んでみたいけど、まずいとよく耳にするのでなかなか挑戦する気持ちに慣れない。このような人はとても多いのではないでしょうか。またなぜよく青汁はまずいと言われるのでしょうあ。ここでは青汁がまずいと言われる理由と、美味しく飲むためのコツを紹介します。

青汁がまずいとよく言われる理由

青汁ブームを作ったCMが理由と言われています。CMに登場する男性が「まずい!もう1杯」と大きな声で話します。この印象が私達の頭のなかに強く残り、今でも青汁イコールまずいというイメージを多くの人が持っているのです。また昔テレビ番組中、ゲームで最下位となった人の罰ゲームによく青汁が使われていました。そこでタレントさんが飲んだ瞬間えづいたり、顔をしかめる様子がよく映されていました。しかしこれはもう10年以上も前の話。今の青汁は昔に比べるとかなり進化して本当に飲み屋数改良されています。

青汁がまずいと言われる訳とは

やはりこれは青汁の原料に関係しています。青汁に使われている野菜は苦味が強いものが多いからです。これはなぜそうなったかというと、開発されるときに一番重要視されたのは味ではなく栄養素と効果だからです。まさに「良薬口に苦し」な野菜が多く使用されているのです。それもそのはず青汁は戦後の栄養不足の頃に開発されました。その時はまさに飢餓や栄養失調避けるためには味を異にする余裕はありませんでした。

昔と今の青汁の違いとは

昔の青汁はその殆どがケールから出来ていました。しかし現在では味と栄養どちらも両立させるために、様々な野菜が使われています。例えば明日葉や桑の葉などは味はマイルドですが、栄養素はケールとほぼ同じです。もし苦味が苦手なのであれば、明日葉、大麦若葉、桑の葉などが主原料になった青汁を選びましょう。

アレンジして飲めば、どんな人でも続けられる

もちろん苦味の少ない青汁を選んでも、ジュースのように美味しいとは言えません。ですが今多くの人は自分なりに青汁をアレンジして続けています。

特に人気が高いのは牛乳で割る飲み方です。牛乳が青汁特有の臭みと苦味をマイルドに変化させます。抹茶オレのような味わいになるので、もし牛乳が苦手でなければぜひ試して欲しい飲み方です。また牛乳に含まれる高い栄養素も一緒に摂取できるので、健康効果は更に上がります。

もし牛乳がに目ない体質であれば豆乳もおすすめです。他にも果物ならりんごジュースで割るのが一番美味しいとよく言われています。

関連記事